転職のすすめ1

転職のノウハウ

皆さんは今の仕事に満足していますか?

一昔前だと、石ノ上にも3年などすぐに仕事を辞めるのは良くないと言った風潮があったと思います。

しかし、現代社会では、皆さんもよくテレビのCMで見ることがあると思いますが、転職をサポートする会社が増えてきており、働きながらでもアプリを通じて簡単に転職活動を行える世の中になっています。

また、コロナ禍をを乗り越えた今、必ずしも会社に通勤し、デスクで仕事をするといった働き方だけでなく、リモートワークといった働き方の環境が大きく変化しています。

私自身も、平日は夜遅くまで残業し、休日出勤は当たり前といった、世間ではいわゆるブラック企業で働いていましたが、新たなライフワークを模索し、退職の後に転職活動を行っています。

この記事では、転職に向けて働きながらどのように動いたらいいのかについて書いていこうと思います。

まず、なぜ自分は転職したいのか、理由をはっきりさせることが次の仕事を探すにあたり必要となってきます。以下に転職したいと考える人の理由を5つ挙げてみました。

転職したい理由をはっきりさせよう。

  • 仕事への不満やストレス

長期間にわたる仕事への不満やストレスが蓄積し、自分自身の幸福や健康に悪影響を与えている場合、退職を考えるきっかけになることがあります。

  • キャリアの変化や成長の欲求

自身のキャリアにおいて新たなチャレンジや成長の機会が欲しいと感じたり、他の業界や職種で活躍したいと思った場合、退職を考えるきっかけになることがあります。

  • 家族や自分自身のライフスタイルの変化

結婚や出産、子育て、介護など、家族や自分自身のライフスタイルの変化があり、仕事とのバランスを取るために退職を考えることがあります。

  • 新たな目標や夢への追求

人生の中で新たな目標や夢を持ち、それを追求するために退職を考えることがあります。例えば、起業や独立、学び直し、趣味やアートに打ち込むなどです。

  • 経済的な安定や自由を求める

貯金や投資などの経済的な安定を確保し、仕事からの自由や余暇を享受したいと考える場合、退職を考えるきっかけになることがあります。

転職先は何を求めるか

上記でなぜ自分が仕事を辞めたいのか理由をはっきりさせたら次の仕事先ではなにを優先して求めるのか優先順位をつけましょう。給料、残業、休日、福利厚生など優先したい項目は人それぞれです。

ここではっきりと優先順位を決めておかないと転職した先でもまた不安や不満を感じ、仕事に対してのモチベーションがなくなる原因となります。

働きながらだと時間の確保は難しいですが、将来の自分のため見つめ直すいい機会としましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました