職務経歴書について知ろう!

転職のノウハウ

職務経歴書とは

初めて転職活動を始めれられた方は、初めて耳にするワードではないかと思います。

職務経歴書は、応募先の企業や採用担当者に自身の経歴と能力をアピールするための重要なツールです。具体的な業務経験や実績を示すことで、自身の価値を効果的に伝えることができます。

以下に職務経歴書がどのような構成になっているのか紹介します。

疲労軽減に特化した、リモートワーカーのためのワークチェア【パームワークチェア】

職務経歴書の構成

  • 基本情報
  • 職務経験
  • 業務内容
  • スキル・資格
  • 成果・実績
  • 教育歴

職務経歴書は転職の際に自分自身を企業に紹介する貴重な書類です。希望する転職先に就職するためには内容を充実させ、企業に興味を持ってもらえる書類にしましょう。

とは言っても文章だけだとなかなかイメージがつきにくいと思うので実際の書類や例を見てイメージを膨らませてみましょう。

職務経歴書のダウンロード

職務経歴書は様々な様式があります。ネットには、エクセルやワードで作成されたフォーマットがあるので、それをダウンロードすれば、手書きする必要もなく作成しやすいのでおすすめです。

下記に厚生労働省が作成、公表している職務経歴書のフォーマットがあるページのリンクを表示するのでそこからダウンロードが可能です。

職務経歴書ダウンロードお名前.com ←←←ここをクリック

実際に書いてみよう

基本情報

氏名、年齢、連絡先、住所、メールアドレス、など、自身の基本的な情報を記載します。

ここで注意が必要なのが、メールアドレスです。企業に提出する書類に記載する上、メールでのやり取りの可能性があります。メールアドレスがお茶目なものになっている方は一度チェックが必要です。個人的に使用するには良くても企業との連絡となるとは恥ずかしいという人はGmailなどで転職活動用に新規のアドレスを作成する方が良いでしょう。

職務経験

過去の職歴を逆順でリストアップします。各職務ごとに、会社名、在籍期間、役職、具体的に記載します。

業務内容

各職務で担当した業務内容や責任範囲を詳細に説明します。プロジェクトの推進や管理、クライアントやチームとのコミュニケーション、予算管理、戦略策定など、具体的な業務領域を示します。自身のしてきたことをPRし次の仕事に繋げるチャンスなので、しっかりとアピールするようにしましょう。

スキル・資格

自身が持つスキルや資格を列挙します。業界固有のスキルや専門知識、ITスキル、言語能力、リーダーシップスキルなど、自身の強みを示すことが重要です。

成果・実績: 過去の職務経験における具体的な成果や実績を挙げます。数字や具体的な事例を用いて、自身の能力や貢献度を示します。例えば、売上増加、プロジェクトの納期達成、コスト削減などです。

職務経歴書の記入例

職務経歴書

令和○年○月○日

山田 花子

1.応募職種

○○向け営業職

2.最終学歴

 平成○年3月 ○○大学○○学科卒業

3.職務経歴

 平成○年○月 ○○株式会社入社

        【事業内容】企業に向けた商品の営業

        【実績】入社○年目で営業利益前年比80%UPに貢献

4.活かせる能力

コミュニケーション能力

営業で身につけたコミュニケーション能力があります。相手の意向を汲み取りつつ自分の意見を相手に伝え仕事を円滑に進める事ができます。また、英検1級を取得しているため、グローバル社会においても柔軟に対応する事ができます。

5.志望動機

私はデザインに対して深い情熱を抱いており、美しいデザインが人々に感動や喜びを与え、ビジネスの成功に貢献することを信じています。常に最新のデザイントレンドやテクニックに興味を持ち、自身の創造性を駆使して新たな視覚体験を提供できるデザイナーとして成長したいと考えています。


職務経歴書について書いていきましたが、イメージをついたでしょうか。

いきなりダウンロードしたフォーマットに書いていくのは抵抗があるかもしれないので、まずは項目ごとにノートなどに箇条書きにしていくのがおすすめです。最初は自分の思いを言葉にするのが大切なので箇条書きにした文字を構成や文脈を考えながら文章にしていくといい書類ができると思います。

また、一度職務経歴書を作成しておくと、再度転職することになった時にも一部文章を編集すれば簡単に作成することができるのでデータで保存しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました